ロキさんのブログ

TRPGの事を書くかも

TRPG用語一行解説

TRPG用語一行解説
TRPG用語を簡単だけに解説していきます。たまに追加します。


TRPG(ティーアルピージー/テーブルトークロールプレイングゲーム)
机を囲んでロールプレイ(“役割を演じる”という意味)をするゲーム(ルールのある遊び)です。

・GM(ゲームマスター)
セッションの進行役であり、責任者です。セッション内の全ての決定権を持ちます。

・SM(サブマスター)
GMの補佐役であり、セッション内ではGMの次に決定権を持ちます。GMから決定権を委託される場合もあります。

・PL(プレイヤー)
あなた自身、またはGM・SM以外の他の参加者です。セッション内では、セッションに参加して、PCを操る参加者の事です。PCの育成や発言の決定権を持ちます。

・PC(プレイヤーキャラクター)
PLの操るキャラクターの事です。基本的には、セッション参加時に1人1体のPCを作り、管理します。

NPC(ノンプレイヤーキャラクター)
PLの操っていない、主にGMやSMが操るキャラクターの事です。PCとしてのデータを持たない事が殆どです。

・参加者(さんかしゃ)
そのセッションに参加しているGM、SM、PLの全てを指します。

・キャンペーン
TRPGセッションで、同じ世界観の中で、同一のPCを用いて連続してシナリオを回し、参加する形式の事です。

・セッション
参加者が集まり、TRPGのシナリオ1つを1回プレイする事です。単位として1セッション、2セッションと数える場合もあります。

・卓
セッション1つの事や、キャンペーン自体を指します。T(テーブルトーク)RPGのテーブルを指しています。

・レギュレーション
「規則」という意味。キャンペーンやセッションで使われる、PC作成・運用のルールとして使われる事が多いでしょう。

・ハウスルール

一般的な意味と同じ。その卓での独自ルールの事を言います。セッションやキャンペーンを円滑に、または特色強くする為に、GMはオリジナルのルールを採用する事が多々あります。公式ルールの一部を使用しない事を決定するハウスルールの場合もあります。

 

・ロールプレイ

役割を演じること。(前述) 戦闘などにおいて自PCの能力を使い、攻略に貢献する事や、キャラクターを会話・動作させて、ストーリーの盛り上げに貢献する事を指す。

 

・マスタリング

造語。本来の意味とは違う意味で使われる。GM業をこなす事を指す。類義語にキーパリングがある。

 

・キーパー

クトゥルフ神話TRPGでのGMの役職を指す言葉。クトゥルフにおいてGMは「神話知識の守り手」であるため、キーパー(守り手)と呼ばれる。

 

・ダイス

サイコロの事。英語のダイスそのままの意味。TRPGでは、日本で馴染みの深い6面(1~6)のサイコロだけでなく、10面や4面などのサイコロを使う事もよくある。6面ダイス、10面ダイスなどと呼ばれる。

 

・1D6

「6面ダイスを1個振る」という意味の言葉。英語表記なので日本語と書き記し方の法則が逆になっている。2D6ならば6面ダイス2個。2D10であれば、10面ダイス2個という意味になる。

 

・D66

先程のパターンと理屈の合わない特殊なダイス表記。6面ダイス2個を振り、出目2つで2桁の数字として扱うダイスの振り方。出目が[1]と[5]であれば、15として扱う。小さい方の数字を十の位として扱うルールもある。似たようなダイスの振り方が他にも数パターンある。